よくあるご質問

Q

 

鍼って痛いんですか?


A

当院では主に刺さない鍼を使っておりますので痛みは全くありません。刺す鍼を使う場合でも髪の毛よりも細くて短い鍼を使いますのでほとんど痛みはなく、むしろ心地よさを感じていただけます。

 

使用するはりは安全ですか?


当院の刺さない鍼は皮膚に当てるだけですので危険なものではありません。刺す針の場合も使い捨ての鍼を使用しておりますので、感染の危険などもありません。お灸に関しても、皮膚に火の部分が触れない物を使用していますので熱くなく火傷の心配もありません。

Q

 

お薬を飲みながら治療はできますか?また、体調が良くなってきたらお薬を止めることはできますか? 


鍼がお薬の作用を邪魔することはないので、お薬を飲みながら治療を受けていただいて大丈夫です。

完全にお薬を止めることころまで体質が改善できるかどうかは、生まれ持った体質や症状・現在のお身体の状態によりますので、一度ご来院いただき先生とご相談いただければと存じます。 

 

刺激がなくてもいいのですか?


A

人間の身体の表面に見えない”気”の流れがあります。東洋医学では身体の不調は、その気の乱れからだと考えます。気は身体の表面を流れていて、鍼を浅く刺すか触れるだけの方が気の流れに直接作用し全身に効果を表します。鍼や灸は刺激による治療ではなく、気の働きを促し生命力を強化するための道具なのです。

 

お風呂は入ってもいいですか?


基本的に施術後も普段通りの生活で問題ありませんが、気になる方は施術後2時間以内の入浴はお控えいただいて、ゆっくり休養を取っていただくことをお勧めしています。

Q

 

保険は使えますか?


 当院では保険診療は行っておりません。

 

どんな服装で行けばいいですか?


A

基本的には決まりはありませんが、素肌を出していただきますので緩めの服装で来ていただくと施述しやすくなります。

ご希望の方には治療着の貸し出しも行っておりますので、お気軽にお申しつけくださいませ。

Q

 

通う頻度はどれぐらいを想定しておけばいいですか?


A

• ギックリ腰や寝違えといった急性の症状は、1、2回の施術で改善する場合が多いです。
• 慢性症状の改善、メンタル疾患などの場合は、週1回程度の通院をお勧めしています。
• お身体のメンテナンスや体質改善、病気の予防などの場合は、月に1、2回の通院をお勧めしています。
※体質や症状は個人個人違いますので、目安としてお考えください。