· 

古来より親しまれている民間治療法のお灸とはどんなものなのか

お灸 治療 鍼灸 天白区

お灸は海外から伝わった伝統的な治療法


体の不調があると、動作がうまく出来ず仕事や日常生活に支障が出てしまいます。
仕事では体の不調が理由になりミスを犯します危険性もあります。そこで体調を整えるのためにお灸を利用してみましょう。
お灸は中国伝統医学の1つで2,000年以上も前から古代中国の北部地方で使われていた治療法です。
日本においては6世紀頃に伝わったもので民間治療法として浸透しました。

 

お灸に使用をするモグサを知る


モグサは一般的にお灸で使われているものでよもぎの葉から精製をしています。
日本には全国規模でよもぎが自生していて、各地域では草餅にして食べたり煎じて飲むといった風習があります。よもぎの葉を煎じて飲むと利尿効果や止血効果、胃の粘液や運動をサポートする効果を得られます。
モグサは燃やしたときに独特の匂いがします。匂いの正体はシオネールという成分でローズマリーなどにも含まれています。爽やかな香りがただようためリラックスをしたいときにも役立ちます。
モグサは乾燥をしたよもぎから200分の1程度しか採取できないものです。点火しやすく熱さも少ないといった特長があるのでお灸に適しています。

 

お灸の健康効果を知っておこう


鍼灸院で利用できるお灸はどのような効果があるのでしょうか。

お灸を利用すると体に温熱刺激を与えることができます。
皮膚の下にある筋肉や血管なを刺激して細胞を活性化させることが可能です。細胞が活性化すれば免疫力もアップしてリンパの流れも良くなるので、むくみの解消にも繋がります。
また温熱効果で血管を縮小拡張を行うこともできます。結果的に充血や貧血を調整できる効果も得られます。お灸に使用しているモグサはリラックス効果だけでなく鎮痛効果もあります。
お灸は体の痛みを和らげる効果を得られるので怪我をしたときにも活用できます。

人の体は経絡というエネルギー通路が張り巡らされています。経絡の上には経穴というツボがあり刺激をすることによって体のトラブルをできます。体の気・血・水が弱ったときには経穴に症状が表れてしまうので注意が必要です。
お灸を利用すればツボにも作用するので、体の不調を改善するときに活躍してくれます。例えば足のむくみや腰痛などの改善が期待できます。

 

お灸は長く親しまれている健康効果の高い治療法なので安心感がある

古来中国から使用されていたと言われているお灸は、6世紀頃に日本に伝わりました。
お灸にはよもぎの葉から採取してモグサを利用しています。モグサは貴重なもので乾燥したよもぎの200分1ほどしか採取できません。
お灸を体に使用すれば温熱刺激によってリンパの流れを良くして細胞を活性化できます。またツボを刺激して体調不良や痛みの改善をサポートしてくれます。

 

安心・やさしい鍼灸 天白区 大根治療院

〒468-0028

名古屋市天白区島田黒石516

[営業時間] 9:00~18:00 

[定休日] 不定休

『簡単24時間受付中!』

ライン予約

⇩詳しいご予約方法はこちら⇩

名古屋市天白区 鍼灸 大根治療院問い合わせ