· 

鍼灸治療は東洋医学の真髄!気の流れを整えて人間の生命力を強化!名古屋市天白区の鍼灸院‐大根治療院

鍼灸治療院 東洋医学

西洋の鍼灸と東洋の鍼灸の違い


鍼灸医学は中国で約3000年前に始まり、6世紀頃に日本に伝わって来たと言われています。
その後、日本人の体質や気質、文化、風土に合わせて発展し確立されてきた治療技術が経絡治療です。
現在では、鍼灸治療は大きく分けて2つあります。1つは東洋医学的考え方に基づいた経絡治療。もう1つは西洋医学的考えに基づいた刺激バリ・電気バリと言われるものになります。
この西洋の刺激バリ・電気バリと言われるものは刺激を与えることで血液循環を促す基礎的な治療と考えているので、鍼や灸は刺激や熱を与えるための道具と捉えられています。つまり効果を求めれば求める程、太くて長い鍼や大きな灸を用いてより大きな刺激を与えることになります。そして多くの方はこの西洋医学的な刺激バリ・電気バリのイメージが強いのでないでしょうか。
しかし、東洋医学の経絡治療では鍼は刺激を与えるためのものではなく気を動かす道具と捉えます。
視診・聞診・問診・触診という東洋医学的な診断方法で脈やお腹を診たりしながら、全ての症状を「証(あかし)」という治療方針で統一的に診断をします。そして、鍼によってツボに気を送り込み、患者様の身体の気の流れを整え、人間が本来持っている生命力、自然治癒力を強化していきます。身体の不調が改善するのはその結果です。

 

鍼灸は病気の予防や心の不調にも


人が自然に治ろうとする本来の働きを助けるのが鍼灸なのです。また鍼灸は病気の予防にも優れた力を発揮します。東洋医学では病気は気の流れが滞っている所に邪気が入って発症すると考えられています。病気になる前に滞っている気の流れを鍼灸によって整えておけば、病気にかかりにくいですし、病気になったのとしても軽くすみます。同じような環境にいたとしても風邪を引くときと引かないときがあるのは、邪気を跳ね返す生命力があるかないかの違いだと言えます。
病は気からと言いますが、気持ちや気分の気という意味と気の流れの気という意味があるのです。
現在の鍼灸は肩凝り腰痛等の痛みの治療のイメージが強い方が多いと思います。ですが、食欲がない・眠れない・だるい・頭が重い・憂鬱など心の不調からくる症状にも効果が期待できます。病名がつかないような症状をも診ることができるのが東洋医学なのです。