· 

不妊症に悩んでいるときに効果的な鍼灸治療

鍼灸治療院 不妊治療

東洋医学による鍼灸治療が不妊症に効果がある理由


鍼灸治療とは、体調に異変があったときに、問題がある患部または経落に鍼または灸を使って刺激を与える経落治療の1つです。東洋医学では、気血が通る道を経絡と呼び、この経落になんらかの異常があるときに病が発生すると考えられています。そして、なぜ鍼灸治療が不妊症に効果があるのかというと、それは東洋医学では、不妊の原因が気血の巡りと関係していると考えられているからです。気血の巡りが悪くなると、子宮や卵巣の気血が停滞してしまいます。

栄養や酸素が子宮や卵巣に順調に運ばれなくては、不妊の原因になってしまいます。鍼灸治療により、妊娠しやすい体質に導くことができます。鍼灸治療は副作用の心配もなく、女性の体に優しい治療方法なので、妊活にピッタリです。

 

不妊治療の方法


鍼灸治療と聞くと、痛みを感じるのではないかと思う人もいるでしょう。そこで、具体的にどのような治療をするかについて解説します。鍼灸治療では、いきなり鍼を打つようなことはしません。まずは、問診や脈診をおこなって体質を調べます。そして、血流に問題があれば、血行促進に効果がある活血の経落を鍼や灸で刺激して、全身の血流を促進します。また、ホルモンバランスによく効く経落やストレスに効果がある経落など、妊活に役立つ箇所を刺激して自然妊娠しやすい体質へと改善していくのです。

 

鍼灸治療で不妊治療するときの注意点


治療を受けに行くときには、メイクはできるだけ控えて、着脱しやすい服装にすると治療が受けやすくなります。

その理由は、経落は身体中にあり、鍼や灸を打つ場所にメイクをしていると打つことができません。また、着脱しにくい服装だと治療が終わるまでに時間がかかってしまいます。不妊症に悩み妊活のため鍼灸治療を受けるときには治療を受けやすい状態にしていくことが大切です。また、治療後に身体がだるいと感じたらすぐに休養をとるようにしましょう。

 

鍼灸治療で根本的な解決


不妊症で悩んでいるときには、まずは鍼灸治療で体質改善を目指すことが大切です。どれだけ効果がある治療法でもは、根本的な体質の問題を解決しなくては、妊娠しやすい体質にはなれません。東洋医学は気血をスムーズにして、体質を変える治療方法です。まずは、不妊症で悩んでいることを相談して、適切な治療を受けるようにしましょう。