· 

交通事故の後遺症をできるだけ早く治療すための鍼灸治療

交通事故 後遺症 治療

後遺症改善に役立つのは経絡系の循環をよくするから


交通事故で厄介なのは、ぶつかった衝撃によってむちうちや関節痛などの後遺症を残すことです。後遺症が厄介な理由はその時の痛みだけでなく、治ったと思った後に日常生活に支障をきたすことです。

この後遺症が起きた時には病院で痛みの原因を特定してもらい取り除くことが大事ですが、もう一つ重要なのが神経を刺激し続ける筋肉組織の炎症をできるだけ早く収めることです。その筋肉組織の炎症を改善する方法として、セカンドオピニオンとして注目されているのが鍼灸治療になります。

 

鍼灸治療の神髄は経絡にあり


鍼灸治療とはどんな治療法なのかというと、鍼を痛みを発する場所の周辺に打つ鍼治療と薬草を固形にした灸を燃やす灸治療、最後に手圧によるマッサージなど一連の作業を行う民間療法です。この鍼灸治療が後遺症に効果がある理由として、体が本来持っている自然治癒力を呼び覚まします。

東洋医学によると、人間の体には経絡という血管とリンパ節が密集しているポイントというのが至る所に存在します。むちうちや関節痛などの後遺症に悩むのは、事故の衝撃によって経絡の気の循環が悪くなっているのです。そこで経絡の気の循環を元に戻すために、痛みを発している部分と関係する経絡に鍼を打つことによって気を送ります。脳は受け取った信号をもとに修復をするための物質を流すと同時に、刺激された部分の神経に作用して血管を広げるように指令を出します。

鍼によって修復物質と血管が広がったところで、次に流れが悪くなっている血液の循環を良くするために灸治療を行います。薬草を燃やすことで発生した熱を、痛みと関係する場所に設置することで温かい熱が血液の巡りをよくするのです。そして薬草を燃やすことで独特の香り成分を吸引することで、強いリラックス効果による鎮静作用によって痛みを和らげます。

最後に手圧によるマッサージをすることによって毒素を排出するリンパ節の循環を起こすことによって、痛みを引き起こしていた刺激物を老廃物と一緒に外に流すことによって痛みを改善するという流れになります。

 

後遺症で悩まないためにも早めの治療を


交通事故によって起きたむち打ちや関節痛は、しっかりと治療をしないと何度も再発をするので日常生活に支障をきたします。

後遺症を改善するためには原因を特定するだけでなく、痛みを発している部分をすぐに修復することが必要になるのです。そのためには自然治癒力によって修復することが大事なので、その方法の一つとして体内の循環を良くする鍼灸治療はうってつけといえます。