· 

交通事故やスポーツ障害によって発症した“むちうち症”の治療について。

むちうち 交通事故 治療 鍼灸 天白区

むちうちについて


むちうちは医学的に「頚椎捻挫」といわれ、急激な衝撃などで頚部が激しく振られることで「打ち身」「捻挫」を患ってしまった状態のことを言います。
症状は患部の痛み、しびれに加えて「頭痛」や「嘔吐感」など様々な症状が現れます。

むちうちは、交通事故の衝撃などで頚部が激しく前後に振られた際、神経や椎間板に無理な負荷がかかり、組織が損傷してしまうことが主な原因です。

損傷の状態は、レントゲンやMRIでは、発見しづらい特徴があります。

むちうちの症状の度合いは様々で、首周りの筋肉や首から胸、背中にかけた筋肉の炎症によって痛みを感じます。
頚部は身体の神経を集約している場所で、多くの自律神経が通っていますので損傷がひどい場合、自律神経が圧迫され「頭痛」や「目まい」「手足の痺れ」「耳鳴り」「嘔吐感」などが現れます。

 

むちうちは時間が経ってから発症する


むちうちは、時間が経ってから発症することがよくあります。また、事故直後は何も症状がなかったとしても、数日~数週間、場合によっては数ヶ月経ってから症状が現れる事もあります。
 
最初は軽度の症状だと思っても、後で悪化する可能性もあるので、早めに治療した方がいいでしょう。

 

むちうちの鍼灸治療


むちうちは受傷直後に激しい痛みを伴う場合があります。事故後1ヶ月間は痛みの症状が落ち着くまで安静を保つ必要があります。

その後、むちうちによる炎症がピークをむかえ、痛みが落ち着き始めたら直接的な施術を行います。安静にしていた間に低下した筋力を回復させることと、硬直した関節をほぐしていきます。
患者様の容態に合わせて、はり、灸、整体などを組み合わせて施術します。

ある程度時間が過ぎてしまって慢性化してしまった場合は、むちうちの症状を緩和させます。患部の歪みがひどいとむちうちの症状は慢性化しやすく、首、肩の痛み、頭痛や手足のしびれなどがおきます。その場合のリハビリを兼ねた症状緩和の施術をしていきます。

 

むちうちは早期治療が大切

むちうちは徐々に痛みが出てくる場合もあれば、しばらく時間が経ってから痛みや違和感が現れることもあります。我慢できるからといって放置しておかないようにしましょう。
むちうちかなと思ったら早期治療をこころがけましょう。

 

むちうちの治療は大根治療院へ

大根治療院では、むちうちの症状緩和や首、かた、腰、手足のしびれ、頭痛などの原因不明の症状の治療も行っております。いつでもご相談ください。

安心・やさしい鍼灸 天白区 大根治療院

〒468-0028

名古屋市天白区島田黒石516

[営業時間] 9:00~18:00 

[定休日] 不定休

『簡単24時間受付中!』

ライン予約

⇩詳しいご予約方法はこちら⇩

名古屋市天白区 鍼灸 大根治療院問い合わせ