· 

アトピー性皮膚炎の本当の原因とは(名古屋市天白区の鍼灸院‐大根治療院)

アトピー性皮膚炎 

東洋医学でいう、アトピー性皮膚炎とは?


名古屋市天白区で「痛くない鍼で体質を改善をする鍼灸院」をしております、大根(おおね)治療院と申します。

今回はアトピー性皮膚炎の原因と対処法についてお話したいと思います。

 

東洋医学では、身体の症状であっても、病気の根本を五臓(肺・心・脾(ひ)・肝・腎(じん)の五つの内蔵)のいずれかに求めます。

例えば、腰が痛いのは腎(腎臓)の弱りによるものだと診みます。なぜかというと、腎臓は腰にあり、腰と密接な関係にあるからです。また、「肺は皮膚をつかさどる」と言われており、アトピー性皮膚炎の根源は肺にあると考えます。

現代の医学では、このアトピー性皮膚炎はアレルギー性の病気の一つとされています。東洋医学には、アレルギーという概念はなく、アレルギーは“先天の腎気(生まれながらに持っているエネルギー・簡単に言うと体質のようなもの)の虚弱によって起こる病気”と認識されています。

この腎気の虚弱は体内にほてり(内熱)を生じさせます。このほてりが肺へ行けばぜんそく、鼻へ行けば鼻炎、皮膚に行けばじんましんやアトピーとなります。

そのため、ぜんそくを一時的に薬で抑えると、ほてりが移動してアトピーが出たり、アトピーを薬で抑えたらぜんそくが出たりするという現象につながります。 

 

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因


まず第一に、夜更かしは腎の気を消耗しますので、アトピー性皮膚炎が悪化します。

第二に、甘い物の過食もアトピー性皮膚炎を悪化させます。ケーキ・チョコレート・あんの入ったまんじゅうなどは最悪です。

第三に、牛乳をはじめ、乳製品も先天の腎の気を損傷し弱めます。

さらに、腎の気の弱りで生じた体内のほてり(内熱)が皮膚に上がってきて、かゆみを起こしていますから、たまごのように熱性の強い食品も体内のほてりを増加させ、症状を悪化させる事に繋がります。

そのため、甘い物、乳製品、たまごなどは控えることが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の改善方法


辛いアトピー性皮膚炎の症状には、皮膚炎やかゆみを起こしている身体内のほてり(内熱)を発散するために、お灸を据えるのがお勧めです。

まずは、背中の左右の肩甲骨に挟まれたあたりの背骨の上で押して痛いところにお灸をします。代表的なところは身柱ですが、これより下でも押して痛いところがあればお灸します。

それから、曲池の指一本上に上がったところで、ここも押して痛いところを確認してお灸をします。

ただし、ステロイド外用薬を長期にあたって使用している人ではアトピー性皮膚炎というより、ステロイド皮膚炎になっている可能性が高いため、上述のような手法での治療は難しいです。

 

身柱のツボ イラスト
曲池のツボイラスト

東洋医学専門なら名古屋市天白区の鍼灸院 大根治療院へ


当院では、「脈を診てから治療する」「体質を根本から見極め改善する」オーダーメイドの鍼灸治療を行っています。患者様が100人いらっしゃれば、その治療法は100通りあるといえます。

また、一般的な鍼灸院と違い「痛くないハリ」を使用していますので初めて鍼灸治療を受けられる方でも安心してお越しいただけます。

患者様の体質やお辛い症状に合わせた適切な治療で、症状を根本改善しませんか。

ご予約はお電話・LINE・ホームページから承っております。⇒詳細はこちら